家族

口を開けにくい時は受診を

医者

歯並びや噛み合わせが原因

歯の噛み合わせがよくないのを放置していると、口が開けづらくなったり口を開け閉めするときにカクカクというような音が気になったりすることがあります。このような症状が見られるときは、顎関節症になっている可能性があります。顎関節症かもしれないと思ったときは、早めに箕面の歯科で診てもらいましょう。箕面の歯科では虫歯治療のほかに、顎関節症の治療も行っています。顎関節症の原因にはいろいろなものがあると考えられています。噛み合わせのほかにも、歯並びに問題があると顎関節症を引き起こすことがあります。噛み合わせがよくない原因としては、詰めものやかぶせものが合っていない可能性が挙げられます。これらの調整は箕面の歯科の得意とするところなので、ぜひ相談してみましょう。

顎関節症の治療

箕面の歯科で顎関節症の治療を受ける時必ずしも歯を削る必要のない場合もあります。箕面の歯科では、顎関節症の患者にまずマウスピースの装着を勧めます。このマウスピースを夜間の就寝時に口にはめておけば、知らず知らずのうちに強く歯を噛みしめたり歯ぎしりをしたりして歯や顎に衝撃を加えるのを防ぐことができます。軽い顎関節症なら、マウスピースの装着を続けるだけで軽減することもあります。もし歯科的な問題がまったく見あたらない患者の場合には、ストレスが顎関節症の原因となっている可能性が高いので、箕面の歯科でも適切な心療内科などを紹介してもらえることがあります。歯に詰めたものや被せたものが合っていない場合は、それらをいったん外して適切なものと取り替えるという治療を行います。